テント倉庫で失敗しないコツとは?基本的な情報などを解説します!

テント倉庫の建設で失敗をしないのは、いくつかの特徴を事前に把握しておくことです。
密閉性は高く作れますが構造上断熱効果は低い傾向があり、空調などはさらに小さなスペースを作って、作動させないと内部環境は高温になります。
また定期的なメンテナンスが必要であり、風に煽られて細かい傷が出来て紫外線を浴びると、劣化が進むことです。
テント膜の耐久年数は10年から20年程度と言われており、保護材を途中で塗ると伸ばすことも可能になります。

テント倉庫で失敗しないコツとは?基本的な情報などを解説します!

テント倉庫は気軽に建設出来るので、第2倉庫などの需要で人気になっております。
密閉性が高く建築にかかる費用や期間が短縮されることで、資金の節約になる効果もあるのです。
テント倉庫は運用してゆくのにコツがありますので、事前に知っておくのがいいかもしれません。
特徴としては断熱性が低いことと、15年から25年程度に1度テント膜の張替えを推奨されていることです。
建設費用は安価ですが、メンテナンス代金を含んでの運用を考えなくてはいけません。

テント倉庫の工事期間はどれくらいが平均的?

テント倉庫は鉄骨を組んでそこにシート膜を張った倉庫で、本格的なものと比べると簡易であるために低コストかつ短期間で設置できるので便利です。
手軽な倉庫とは言え建築の方法や条件は細かく法律で定められているので、勝手に設営の仕方を決めて好きな条件下で作って良いわけではありません。
建築確認申請に関しても従来の建築物と同じで必要になります。
耐用年数に関しては15年ほどですが、設営する周辺の環境によっても変わってくるので、シビアな環境であればもっと短い期間でのテントの張り替えが必要になる可能性もあります。
テント倉庫の平均的な工事にかかる時間は通常の倉庫と比べて短くて3ヵ月ほどで完成します。
ここに様々なシステムを導入しようとすると、4ヶ月ほどかかるケースもあります。
費用はどのような材料を使うかにもよるので一概には言えませんが、テント材を良いものにしたりシステムを導入すれば、その分だけコストは上がっていきます。

テント倉庫の耐用年数は環境によって変動する

テント倉庫とは骨組みを組んで周囲にシートを撒いた簡易的な倉庫であり、短期間だけ荷物を保管するのであればコストパフォーマンスの観点からも適していますが、長く使う場合には多くの問題を発生してしまいます。
その理由は骨組みが簡単に組み合わさっているだけなので振動に弱く、風だけでも位置が動いてしまったり、シートの強度も低いので割けて破れやすいということです。
これはその構造から考えても仕方がありませんが、それ以上に注意しなければいけないのは設置している場所でその耐用年数が大きく違ってくるので、少しでも長く使用したいのであれば、場所を選定して設置しなければいけません。
最も設置に適していないのは海岸近くの場所であり、ここにテント倉庫を設置すると常に風が吹いているので、骨組みが傾いてしまうでしょう。
また、塩分は支柱だけでなくシートの強度も弱くしてしまうので、海の近くは絶対に避けるべきです。
他にも豪雪地帯では雪の重さで支柱が折れてしまいますし、降雨でも弛んだシート部分に集まって破れたりします。
そのため周囲の環境を事前に調べてから設置しなければ劣化が早くなるだけなので、テント倉庫を建てるのであれば、できるだけ自然の影響を受けにくい場所を選ぶようにしてください。

固定式テント倉庫タイプは雨や風に強い

シート膜を組み立てた鉄骨に張り完成させる建築物の固定式テント倉庫タイプ、建てるまでの期間は短くて低コスト、そのうえ雨や風に強いという優れモノです。
比較的簡単に立てることができるので、天候の悪いときには大丈夫かが気になります。
しかししっかりと骨組みをされているのと、周りを覆うシートも耐久性に優れていることから、強風や大雨のときにも安心です。
シンプル構造となるテント膜と鉄骨フレームの組み合わせでの施工ではあっても、固定されていることで頑丈になります。
悪天候時の使用に躊躇することがないのも固定式テント倉庫、丈夫な造りですから天気の移り変わりを気にする必要もありません。
屋根はもちろん全部の面にきちんと壁があるタイプ、生地をすべての面に使い存在をするため、外気などもきちんと防ぎます。
雨が入り込むことも無く強風が入ってくることも無いので、室内環境保全を重視するにしても、機械の保護や金型などの保管にも向いているタイプです。

移動式伸縮式テント倉庫のメリットとは?

テント倉庫の中には設置後に自由自在に動かせる移動式のタイプがあり、更に伸縮可能な機能性を充実させたテント倉庫があります。
このタイプで感じることが出来るメリットは用途により違いが出てしまいますが、流通業で商品の置き場所として利用している場合では、最初は取り扱い品目が少なくて短い状態で使っていても、後に商品の数が増えたことで長く伸ばして使うことが可能になるメリットを感じ取れます。
移動式に関しては設置した時にはワンボックスカーを利用して商品の搬入や搬出を行っていた場合、後にワンボックスカーでは対応することができずにトラックを用いる必要性が出た時には、トラックをテント倉庫の入り口に駐車させるためにスペースの確保として移動させることができることもメリットになります。
商品の保管用ではなくテント倉庫を利用して沢山の来客を集めて商品を販売したり、イベント開催をするような用途でも、伸縮できることで常に人数に合わせられることも魅力ではないでしょうか。

著者:北尾一枝

筆者プロフィール

和歌山県和歌山市生まれ。
テント倉庫で失敗しないために、テント倉庫の特徴や耐用年数について発信しています。
テント倉庫 耐震